リノール酸は人が生きるために欠かせない存在

リノール酸は人が生きるために欠かせない存在

リノール酸は人が生きるために欠かせない存在

リノール酸はリノレックSともよばれている植物油から抽出する美白成分です。人が生きるために必要な脂肪酸としても欠かせない存在のリノール酸であり、体内で作ることができない成分でもあります。

 

オリーブオイルやベニバナ油、コーン油、大豆油などの植物油や味噌などに含まれています。現代の食生活においては、これらの食品を過剰摂取してしまうことによりアレルギー症状を悪化させたり、アトピー性皮膚炎、皮膚の老化を促進させてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

リノール酸にはどんな効果が?

 

美白クリームや乳液、洗浄剤、ヘアコンディショナーなどにリノール酸は使われており、使用することで皮膚の保湿や抗炎症作用があります。また、肌の水分が蒸発するのを防いだり、肌のコンディションを整え肌バリア機能を高める効果もあります。ただし、リノール酸は不飽和脂肪酸ですので酸化しやすい性質があります。ですので酸化を防ぐ成分と同時に使用することでより効果が期待できます。

 

リノール酸Sとは?

 

リノール酸自体だと肌のシミやシワなどの効果が出にくいとされているため、改良されたのが「リノール酸S」です。

 

ベニバナ油から抽出され処理された美白成分として2001年に厚生労働省から有効美白成分として承認されています。リノール酸Sは遊離リノール酸といった1つの脂肪酸から成り立ちます。どんな効果があるのかといいますと、リノール酸Sはメラニンの元となる酵素チロシナーゼを分解したり活性化を抑制することで、チロシナーゼ自体を分解してくれます。よって体内のメラニンが作られるのを防ぐことにつながり、美白効果が期待できます。さらには女性の悩みの一つである「肝斑(かんぱん)」の改善にも効果があると言われています。

 

美白を目指すためには

 

日々のスキンケアにリノール酸が含まれている美白化粧品を使い続けることです。トライアルセットなどで、まず肌に合うか確かめてから使用しましょう。もちろん味噌などの食品を意識して摂ることも大事ですが過剰摂取してしまうと逆効果ですので気を付けましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ