ニキビを作らないためにも界面活性剤の入っていない石鹸洗顔

ニキビを作らないためにも界面活性剤の入っていない石鹸洗顔

ニキビを作らないためにも界面活性剤の入っていない石鹸洗顔

お肌の美しさを一瞬で壊してしまうのはニキビ肌です。

 

 

出来物だらけのニキビ肌になってしまうと、お肌の美しさは一瞬で失われます。ですからお肌をいつまでも美しいままにしておきたいならニキビを予防することこそが大事なことなのです。ニキビ肌知らずになるために、ニキビの対策法をご紹介します。

 

 

ニキビを対策するために第一に大事なのはスキンケアです。ケアの方法によってできるニキビの量が変わって来るので、ニキビができない肌で居続けるには適切に洗顔することが大事なのです。最初から間違っている人がいるのですが、日に何度も洗顔することが正解ではないのです。実は洗顔は1日朝夕の2回がベストで4回も5回も洗顔している人は洗いすぎです。肌を洗顔しすぎると肌を刺激して、肌のバリア機能が低下します。そしてそのせいで肌が外敵から攻撃を受けて、すぐに肌荒れしてしまうのです。

 

 

 

つまり肌の洗顔はやりすぎないことが大切です。確かにべたべたテカテカした肌はなるべく多く洗顔してキレイにしたいと思うでしょう。しかしやりすぎると逆に必要な皮脂までもぎ取ってしまって、このせいで肌の乾燥が起こり、体が勝手に判断して皮脂を多く分泌してしまうのです。このせいでニキビができやすい肌になってしまいます。ニキビを治すためにはスキンケアはやりすぎず、ほどほどにしてくださいね。

 

 

洗顔には普通のクリームタイプの洗顔と泡タイプの洗顔、パウダータイプの洗顔などいろいろな商品があります。

 

 

その中でもニキビを対策するために一番おすすめするのが石鹸洗顔です。石鹸洗顔と普通の洗顔の違いは泡立ちです。普通の洗顔はクリーム状で泡立ちやすいという特徴があるけど、石鹸洗顔は泡立てにくくてネットを使う必要があります。しかしこの泡立ちやすいというのには理由があって、界面活性剤が入っているからなのです。普通の洗顔の多くには泡立ちがしやすいように界面活性剤を入れられています。これは肌に刺激を与えやすい成分で、肌にあまりよくないのです。ニキビを作らないためにも界面活性剤の入っていない石鹸洗顔を使ってニキビを治しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ