ニキビとホルモンの関係とは?コルチゾールの影響など。

ニキビとホルモンの関係とは?コルチゾールの影響など。

ニキビとホルモンの関係とは?コルチゾールの影響など。

ニキビで悩んでいませんか?ニキビをケアする方法にはいろいろありますが、ここではホルモンとニキビの関係について見ていきましょう。

 

男性ホルモンと皮脂分泌

 

ホルモンバランスの乱れは体の調子を悪くします。中でもニキビと密接な関わりがあるのは男性ホルモンです。このホルモンの過剰分泌が起こると皮脂の分泌量が多くなりニキビの原因になります。

 

ニキビと男性ホルモン

 

男性ホルモンの分泌量が多くなると皮脂腺が刺激されて必要以上の皮脂分泌が起こります。男性ホルモンが増えている時は角質が厚くなって毛穴が狭まりますので、皮脂の過剰分泌によって毛穴が塞がります。この状態が良くなくニキビの発生を誘発します。

 

余談ですが男性ホルモンの影響を一番受けやすいのは髭が生えるあたりのフェイスラインです。少し厄介な事にこのあたりにできるニキビはストレスが原因になっている場合も多く治りにくいです。

 

なぜ男性ホルモンは増えるのか

 

男性ホルモンが増える理由はコルチゾールが関係します。コルチゾールとは何なのかというと副腎皮質から分泌されるストレスに対抗する作用のあるホルモンです。主には睡眠中に活性化されて体内のエネルギーの代謝を促進する。昼間に受けるストレスの準備をするなどの役割があります。

 

コルチゾールはストレスを感じると分泌されます。コルチゾールにはストレスに対抗する働きもありますが、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。この働きにより、皮脂分泌が起こるのです。そのためニキビも影響が及ぶことになります。

 

コルチゾールは悪者ではない

 

皮脂分泌を促すコルチゾールですから一見悪者のようにも思うかもしれませんが、そんなわけではありません。本来はコルトゾールはストレスに対抗できる身体や精神状態をつくるのに役立つわけですから必要なものなのです。でも、ストレスを受けてコルチゾールが過剰分泌されるとニキビに繋がります。ストレスを溜めこまないように上手に発散しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ